鼻骨骨切り術で太くて大きい鼻を改善

鼻の施術

HOME > 施術一覧 > 鼻の施術 > 鼻骨骨切り術・鼻幅寄せ術

鼻骨骨切り術・鼻幅寄せ術

施術内容

鼻骨骨切り術は、鼻の形成術で行われる手技の一つですが、その適応の多くは、鼻骨などの骨が原因で生じている鼻の変形を治すために行われます。従いまして、鼻骨骨切り術の適応は、鼻が太くて大きい、鼻が曲がっている、ハンプ・ワシ鼻、など様々です。ここでは、鼻が太くて大きいことに対する鼻骨骨切り術、すなわち鼻幅寄せ術について説明いたします。

太くて大きい鼻、男らしい鼻では、鼻の上側の土台である鼻骨がしっかり広がっています。鼻骨骨切り術・鼻幅寄せ術は、この広がった左右の鼻骨の内側と外側を骨切りして中央に寄せることで、鼻幅・鼻筋を狭くし、スッキリとしたバランスの良い鼻にします。

また、太くて大きい鼻、男らしい鼻では、鼻の下側の鼻の大きさを決めている鼻翼が幅広く、大きく張り出したりしている場合も多いので、鼻翼縮小術を同時に行う場合もあります。

鼻骨骨切り術・鼻幅寄せ術はこんな方にお勧めです

  • 鼻筋を細くしたい
  • 目立つ大きい鼻を小さくしたい
  • 鼻筋が太く大きな鼻を小さくしたい
  • 男性らしい鼻を女性らしい鼻にしたい
  • より女性らしい軟らかい印象を与える鼻筋・鼻背のラインにしたい

当院の特徴

当院は、あらゆる顔面骨の骨切りを主体とした顔面輪郭専門美容外科ですので、鼻骨がしっかりして幅広い場合の骨切り術に熟練しております。あらゆるタイプの鼻骨骨切り術を準備しております。

鼻骨骨切り術・鼻幅寄せ術と同時手術がお勧めされることの多い施術

鼻翼縮小術、鼻尖形成術、ハンプ・ワシ鼻切除術

実際の施術の流れ

カウンセリングにおいて、ご希望の鼻の太さ・大きさ、鼻筋の幅、鼻の幅寄せの程度などを詳しく伺います。さらに、お一人おひとりの顔全体の特徴に適した鼻の形をご提案し、最終的にバランスのとれた鼻の形に必要な具体的な手術計画を決定します。単に鼻骨骨切り術・鼻幅寄せ術のみでは、鼻の太さ・大きさ・幅が小さくならない場合がありますので、鼻翼縮小術などの組み合わせる手術方法をご提案することもございます。

手術は、鼻骨骨切りと外側鼻軟骨の正中部を切開しますので、鼻の中に出血します。麻酔科専門医による安全な全身麻酔で痛みや緊張を軽減するのみならず、呼吸の通り道の気道に血が垂れ込みますので、呼吸をしっかり管理いたします。

術前の相談に基づき鼻骨骨切りの範囲をデザインします。鼻骨骨切り術・鼻幅寄せ術は、鼻の穴の内側の小切開から骨にアプローチして左右の外側鼻軟骨と鼻骨骨切りをします。鼻の横に2mmほど皮膚切開して、そこから鼻骨骨切りを行う場合があります。この傷は、手術して直ぐの頃は少し赤い程度で目立ちません。

内側と外側を骨切りした左右の鼻骨は、動かすことができますので正中に移動させて鼻全体のバランスを整えます。また、鼻骨骨切り術・鼻幅寄せ術で鼻の上半分が細くなっても、鼻の下側の鼻の大きさを決めている鼻翼が幅広く、大きく張り出したりしている場合は、この後、鼻翼縮小術を同時に行う場合もあります。

丁寧に傷を縫い合わせた後、鼻にテーピングをして、不安定な鼻骨を良い位置に固定するために鼻ギブスを装着します。また、鼻血を抑えるための鼻栓を鼻腔内に詰めます。

術後は、全身麻酔下での手術ということと、術後の鼻出血のリスクがありますので、1,2泊していただいてからお帰りいただきます。

術後1週後に抜糸して、テープと鼻ギブスを外し鼻の形を確認します。まだ、骨切りした鼻骨が動きやすいので、さらにもう1週間鼻ギブスの装着が必要になる場合があります。

術後は、最低1~2ヶ月は鼻かみなど鼻に力がかかることは鼻骨のズレや変形を予防するために避けていただきます。腫れがすっかり落ち着き手術の効果が安定して表れてくるのは3ヶ月以降になります。

流れと注意事項

カウンセリング 鼻骨骨切り術・鼻幅寄せ術のご相談、お見積り、手術日のご相談
鼻骨骨切り術・鼻幅寄せ術でバランスよい鼻を形成することが難しい場合は、合わせて鼻翼縮小術、鼻尖形成術などの手術のご提案をさせていただきます。
手術時間 30分~
麻酔について 全身麻酔
入院/通院について 入院手術 1泊2日~2泊3日
ダウンタイム 抜糸:1週間、鼻ギブス固定1~2週間、腫れ/内出血(特に目の内側):1週間~、鼻骨の安定:2~3ヶ月

注意事項

  • 鼻テープや鼻ギブスなど濡らさないように注意してください。
  • 術後1~2日目に鼻の中のガーゼを取ります。
  • 鼻周囲に内出血が生じる場合もございますが、3日目以降、徐々に改善します。
  • 鼻骨骨切りの場合は、目の内側に腫れ・内出血が生じ、術後3日ほど目が開きにくい状態になる場合があります。
  • 術後1~2週間で、鼻ギブスを外します。
  • 鼻骨骨切りを行った場合は、最低1~2ヶ月間程度は鼻かみなど鼻に力がかかることは鼻骨のズレや変形を予防するために避けてください。
  • 術後3ヶ月後で、ほぼ腫れも落ち着き、鼻の形も鼻筋が通り、大きく改善します。

料金

全麻入院
鼻骨骨切り術 鼻幅寄せ術
¥800,000~

よくある質問

■最近閲覧したページ

お問い合わせは、
形成外科・美容外科 外来受付まで

お電話でのお問い合わせ

0120-031-976

03-3237-8661

電話受付時間 9:45~17:30(火・日・祝祭日は除く)

メールでのお問合わせ

24時間無料にて受付中

Copyright © CLINICA ICHIGAYA All Rights Reserved.