隆鼻術,プロテーゼや各種注入で鼻を高く

鼻の施術

HOME > 施術一覧 > 鼻の施術 > 隆鼻術

隆鼻術

施術内容

日本人はじめアジア人の鼻は昔から、欧米人に比べ、鼻があるのかないのかよくわからないといったいわゆる「鼻ぺちゃ」、「鼻がひくい」と言われております。最近では、欧米の食文化の影響もあり、若い世代の鼻の形はよく発達してきていると言われておりますが、それでもおでこから鼻にかけてのラインで最も低い点である、いわゆる鼻根点(ナジオン)や鼻スジである鼻背がはっきりしないといったお悩みが多く、そのお悩みを改善する鼻の手術が隆鼻術で、美容外科でも目の二重手術についで人気の施術です。

隆鼻術はこんな方にお勧めです

  • 鼻を高くしたい
  • 鼻筋をスーッと通したい
  • 美人顔にしたい
  • 目と目の間が離れている印象を改善したい

当院で行っている隆鼻術には主に3つの方法があります。

鼻シリコンプロテーゼを用いて鼻を高くする方法

日本人の鼻の整形を希望される隆鼻術中で一番人気の施術です。鼻は顔の中心にありますので、鼻が低く鼻筋が通っていない顔は、顔全体にメリハリがなく、印象の薄い顔の典型例となります。また、左右の目が離れているように見えるため、顔が間延びしたようなバランスの悪い顔立ちになります。

鼻シリコンプロテーゼによる隆鼻術は、比較的に簡単な方法で、顔の中心にある鼻の形を変えることで顔の印象、目の印象までも魅力的に大きく改善できる方法です。手術で使用する鼻シリコンプロテーゼの素材のシリコンは、軟らかく比較的に人間の組織になじみやすい安全性の高い医療用シリコンです。

当院では、ゴアテックスを用いた隆鼻術は行っておりません。

理由

  • ゴアテックスは手術後少し縮むなどの変形が生じる可能性がある
  • 抜去が必要になった際に取り出しにくい

当院のこだわり

ご希望に応じた鼻の高さになるように基本的にはI型シリコンプロテーゼを、細かく細工して使用しています。これは、鼻背から鼻先の手前までに挿入されることにより鼻を高くすることができます。I型シリコンプロテーゼは鼻先に力がかからないため、L型シリコンプロテーゼで心配される、鼻先がだんだんと上がって鼻の穴が正面から見えるようになるいわゆるアップノーズや、鼻先部分の皮膚がだんだんと薄くなり、場合によっては破れて出てきてしまうことなど、が少ないといえます。

また、鼻はおでこや鼻の付け根から鼻先にかけてのバランスが非常に重要ですので、鼻を単に高くすること以外にも、必要となる手術について診断させていただく場合があります。

同時手術がお勧めされることの多い施術、関連する施術

鼻中隔延長術、鼻尖形成術、鼻翼形成術

実際の施術の流れ

カウンセリングにおいて、ご希望の鼻の形、鼻の高さを詳しく伺います。さらに、お一人お一人の顔全体の特徴に適した鼻の形をご提案し、最終的な隆鼻術の計画を決定します。場合により、鼻スジを単に高くするだけでは、鼻先の形や鼻翼の形などのバランスが崩れる場合がありますので、その場合は、それ以外の組み合わせる手術方法をご提案いたします。

手術は、局所麻酔と静脈麻酔を併用して、痛みや緊張をしっかりコントロールしますので、ご安心いただい状態で手術を受けていただけます。

基本的には、右の鼻穴の内側を小さく切開(軟骨間切開アプローチ)します。この小切開は、外からも目立ちませんし、中からもよく見ないと傷跡はわかりません。この小切開からプロテーゼを入れ宇予定の皮膚または骨膜下剥離を左右均等に行います。

鼻シリコンプロテーゼの挿入範囲の皮下ポケットが作成されたら、右鼻穴の小切開から、鼻シリコンプロテーゼを挿入します。

鼻シリコンプロテーゼ挿入後、プロテーゼのズレを予防するために、鼻の皮膚の上から肌色テープで圧迫します。場合により、鼻ギブスが装着される場合もあります。

術後は、しばらくお休みいただいてから、出血などないことを確認して、お帰り頂きます。術後1週後に、ご来院頂き抜糸などいたします。

術後最低4週間は、鼻かみなど鼻に力がかかることは鼻シリコンプロテーゼのズレを予防するために避けて頂きます。

術後の腫れ、傷跡などが落ち着き、安定した鼻の状態になるのには個人差がありますが、大体3~6ヶ月ぐらいの期間は見ていただくことをお勧めします。

長期間、鼻シリコンプロテーゼを用いたときの注意点

使用される鼻シリコンプロテーゼは、生体親和性が確立されている人工物ですが、長期間で見た場合にいくつかのご理解頂きたい注意点があります。以下のような場合には、専門医へのご相談をお勧めいたします。

  • 鼻シリコンプロテーゼによる隆鼻術は比較的簡便な方法ではありますが、時間の経過と共に多少の劣化や周囲に石灰化が起こり得ます。特に症状がなければ問題ありませんが、時に違和感があります。
  • 年齢と共に皮膚は薄くなる傾向がありますので、鼻シリコンプロテーゼの輪郭が目立ってくる場合があります。
  • 鼻をよくかんだり、鼻をいじる癖、笑う時に左右差の癖がある方は、時間経過とともにシリコンプロテーゼが曲がってくる可能性があります。
  • 鼻をぶつけたり、鼻の中に傷がついた場合、シリコンプロテーゼにばい菌がついて感染を起こし、腫れることがあります。この場合は、抜去しないと感染が治まりませんので、注意が必要です。

流れと注意事項

カウンセリング 隆鼻のご相談、お見積り、手術日のご相談
手術時間 30分~
麻酔について 局所麻酔+静脈麻酔酔
入院/通院について 日帰り手術
ダウンタイム 抜糸・固定:1週間、腫れ/内出血:3日間、鼻インプラントプロテーゼの安定:1ヶ月~3ヶ月
注意事項
  • 目頭から鼻周囲に内出血が生じる場合もございますが、3日目以降、徐々に改善します。
  • 鼻テープや鼻ギブスなど濡らさないように注意してください。
  • 術後は、最低1ヶ月は鼻かみなど鼻に力がかかることは、鼻インプラントプロテーゼのズレや変形を予防するために避けてください。
  • 腫れやプロテーゼの形態が落ち着くのに、3ヶ月程度かかる場合もあります。

料金

*静脈麻酔技術料 ¥50,000
シリコン挿入 ¥300,000 +材料費約¥30,000
シリコン抜去 ¥200,000 +材料費約¥20,000
シリコン入替え ¥400,000 +材料費約¥30,000

筋膜包み細片軟骨プロテーゼを用いて鼻を高くする方法

自家組織である耳介軟骨、鼻中隔軟骨、肋軟骨を用いて隆鼻術を行う方法がいくつかあります。ただし、耳介軟骨、鼻中隔軟骨、肋軟骨はそれぞれに軟らかさ、加工のしやすさ、曲がりやすさなど様々な特徴があります。例えば、耳介軟骨や肋軟骨を上手く細工して、鼻背に挿入し、鼻を高くする方法ですが、実際には、術後長期間のうちにだんだんと移植した軟骨が本来の曲がりに戻って変形してきて、結果として鼻が曲がって見えてしまう可能性があります。そこで当院では、 自分の耳介軟骨、鼻中隔軟骨、肋軟骨などを約1mm四方に細かく切って、こめかみ付近の側頭筋膜や大腿部外側にある大腿筋膜などで包んで自家製の軟らかい鼻プロテーゼを作成し、それを鼻背に移植して隆鼻術を行います。

もともとある軟骨の形に関わらず、軟骨を無駄なく、ある程度自由に大きさを決める事ができるのもこの方法の利点の一つです。

この施術は以下のような方にお勧めです。

  • 人工物である鼻シリコンプロテーゼを使用して隆鼻術を行うことに抵抗がある方
  • 鼻シリコンプロテーゼが入っているが、皮膚が薄くなってきた方
  • 鼻シリコンプロテーゼが入っていたが、感染など一度抜去したことがあるものの再度隆鼻術を希望される方

同時手術がお勧めされることの多い施術、関連する施術

鼻中隔延長術、鼻尖形成術、鼻翼形成術

実際の施術の流れ

カウンセリングにおいて、ご希望の鼻の形、鼻の高さを詳しく伺います。さらに、お一人お一人の顔全体の特徴に適した鼻の形をご提案し、最終的に採取される軟骨、筋膜など具体的な隆鼻計画を決定します。場合により、鼻スジを単に高くするだけでは、鼻先の形や鼻翼の形などのバランスが崩れる場合がありますので、その場合は、それ以外の組み合わせる手術方法をご提案いたします。

手術は、手術箇所(筋膜採取部、軟骨採取部、鼻)が3ヶ所になりますので、全身麻酔にて痛みや緊張をしっかりコントロールしますので、ご安心いただい状態で手術を受けていただけます。

髪の毛の中の切開から側頭筋膜を採取あるいは大腿外側の小切開から大腿筋膜を3×4cmほど採取します。基本的には耳介軟骨を耳の裏から採取して、1mm四方に細かく細片いたします。これを、筋膜から作成した袋の中に入れて、自家製の鼻プロテーゼを作成します。

基本的には、右の鼻穴の内側に小切開(軟骨間アプローチ)します。その部分より鼻を高くする自家製の鼻プロテーゼが入る部分の皮下剥離さらには鼻骨骨膜下剥離を行い、自家製鼻プロテーゼを挿入します。

適切な位置に自家製鼻プロテーゼが挿入されたらズレないよう、しっかりと鼻にテーピングをいたします。場合により、鼻ギブスが装着される場合もあります。

術後は、1~2泊していただき、出血などないことを確認して、お帰りいただきます。術後1週後に、ご来院いただき抜糸、鼻ギブス交換などいたします。

術後は、最低1ヶ月は鼻かみなどの鼻に力がかかることは自家製鼻プロテーゼのズレや変形を予防するために避けていただきます。

流れと注意事項

カウンセリング 隆鼻のご相談、お見積り、手術日のご相談、全身麻酔検査
手術時間 1時間半~
麻酔について 全身麻酔
入院/通院について 1泊2日から2泊3日
ダウンタイム 抜糸・固定:1~2週間、腫れ/内出血:3日間、自家製プロテーゼの安定:1ヶ月~3ヶ月
注意事項
  • 目頭から鼻周囲に、内出血が生じる場合もございますが、3日目以降に徐々に改善します。
  • 鼻テープや鼻ギブスなど濡らさないように注意してください。
  • 術後は、最低1ヶ月は鼻かみなどの鼻に力がかかることはが自家製鼻プロテーゼのズレや変形を予防するために避けてください。
  • 腫れやプロテーゼの形態が落ち着くのに、3ヶ月程度かかる場合もあります。

料金

全麻入院の場合 鼻部:側頭筋膜・耳介軟骨移植 ¥1,200,000

各種(ヒアルロン酸、自家脂肪など)注入物(フィラー)による注射治療

ヒアルロン酸、レディエッセ、自家脂肪組織などの各種注入物を利用して、隆鼻を行う方法があります。

ヒアルロン酸、レディエッセなどの注入物

この施術は以下のような方にお勧めです。
  • 鼻の部分的な改善を望まれる方:例えば鼻の付け根の鼻根部が低いので、そこを少しだけ高くしたい
  • 鼻形成術を受けたことがあるが、少しの左右差や形が気になる方

ヒアルロン酸を用いる方法

ヒアルロン酸を用いる方法の最大のメリットは、

  • ダウンタイムが少ない
  • 気に入った形を目指して、途中で形態を確認しながら少しずつ注入を行なえる
  • 気に入らない場合は、ヒアルロン酸溶解注射(ヒアルロニダーゼ)というもので溶解することが可能

という点にあります。一方のデメリットは、

  • 6ヶ月前後で吸収されるため、形態を維持するためには繰り返し注入を行う必要がある
  • 何度も繰り返して注入していると鼻スジが太くなる
  • 鼻周囲の細い血管に入ってしまうと皮膚壊死などのトラブルが生じ得る という点があります。

最近では、長持ちするヒアルロン酸も出てきておりますので、大きな変化を望まず、部分的に鼻スジを通すなどの小範囲に限って、使用することをお勧めします。

実際の施術の流れ

カウンセリングにおいて、ご希望の注射箇所の確認や鼻の形を詳しく伺います。

注射は、1,2ヶ所行うことが多いですが、痛みは最小限になるように冷やしながら細い針で行いますので、特別な麻酔は使用せずに施術が可能です

注射後、形とご確認頂き足りない場合は追加しますが、すぐに追加をお勧めしない場合もあります。注射周囲に、内出血が生じる場合もございますが、3日以降に徐々に改善します。注射後形が落ち着くのに2~3週間かかる場合もございますので、それ以降でご希望があれば再注射を行うことをお勧めします。

施術後はすぐにお帰りが可能ですが、お化粧などは感染の可能性もありますので、3時間以降から軽くなさることをおすすめします。

流れと注意事項
カウンセリング 注入箇所のご相談、お見積り、施術日のご相談(カウンセリング当日に施術を希望される場合は、予約時にその旨お知らせください)
手術時間 5分
麻酔について 局所冷却
入院/通院について 日帰り手術
ダウンタイム 腫れ/内出血:3日間、脂肪の生着:3週目以降
注意事項
  • お化粧などは感染の可能性もありますので、3時間以降から軽くなさることをおすすめします。
  • 注射周囲に内出血が生じる場合もございますが、3日以降、徐々に改善します。
  • 注射箇所のマッサージなどストレスがかかることは、避けてください
  • 注射後、形をご確認いただき足りない場合は追加しますが、すぐに追加をお勧めしない場合もあります。
  • 注射後形が落ち着くのに2~3週間かかる場合もございますので、それ以降でご希望があれば再注射を行うことをお勧めします。

レディエッセを用いる方法

特に、鼻筋を細くしたい場合には、レディエッセという骨の成分の一つであるカルシウムハイドロキシアパタイト顆粒の入った注入剤があります。レディエッセはヒアルロン酸に比べ拡がりにくいので、鼻筋を細くといった場合にはこちらが適しています。また、ヒアルロン酸に比べて長持ち(1~2年)します。

ただヒアルロン酸には溶解注射というものがあり、気に入らなければそれを使ってすぐに吸収させてしまうことが出来ますが、レディエッセには溶解注射がありませんので、吸収されるまで待たなくてはならないと言った事がデメリットにはなります。また、骨の成分が入っていますので、顔のレントゲンを撮影した場合に写る可能性があります。

実際の施術の流れ

カウンセリングにおいて、ご希望の注射箇所の確認や鼻の形を詳しく伺います。

注射は、1,2ヶ所行うことが多いですが、痛みは最小限になるように冷やしながら細い針で行いますので、特別な麻酔は使用せずに施術が可能です。

注射後、形をご確認いただき足りない場合は追加しますが、すぐに追加をお勧めしない場合もあります。注射周囲に、内出血が生じる場合もございますが、3日以降に徐々に改善します。注射後形が落ち着くのに2~3週間かかる場合もございますので、それ以降でご希望があれば再注射を行うことをお勧めします。

施術後はすぐにお帰りが可能ですが、お化粧などは感染の可能性もありますので、3時間以降から軽くなさることをおすすめします。

流れと注意事項
カウンセリング 注入箇所のご相談、お見積り、施術日のご相談(カウンセリング当日に施術を希望される場合は、予約時にその旨お知らせください)
手術時間 5分
麻酔について 局所冷却
入院/通院について 日帰り手術
ダウンタイム 腫れ/内出血:日間、脂肪の生着:3週目以降
注意事項
  • お化粧などは感染の可能性もありますので、3時間以降から軽くなさることをおすすめします。
  • 注射周囲に内出血が生じる場合もございますが、3日目以降、徐々に改善します。
  • 注射箇所のマッサージなどストレスがかかることは、避けてください。
  • 注射後、形をご確認いただき足りない場合は追加しますが、すぐに追加をお勧めしない場合もあります。
  • 注射後形が落ち着くのに2~3週間かかる場合もございますので、それ以降でご希望があれば再注射を行うことをお勧めします。
料金
鼻形成 ⇒ ヒアルロン酸注入 ¥100,000 ~
鼻形成⇒ レディエッセ注入 ¥100,000 ~

自家脂肪注入による方法

腹部または大腿部内側の3mm程度の小切開から脂肪を吸引、加工した上で鼻の皮下に注入する方法です。ヒアルロン酸やレディエッセなど他の注入療法と比較して、脂肪採取が必要なことと注入した脂肪の生着率は5~6割と個人差があるなどの点がありますが、自己組織を用いた安心した注入療法として確立された方法です。

この施術は以下のような方にお勧めです。
  • 年齢のせいで皮膚が薄くなって鼻スジに張りがなくなってきたのを改善したい
  • 鼻以外にも、目のくま、こめかみ、法令線などのくぼみも同時に改善したい
  • 本格的な隆鼻術までは希望しないが、自然に眉間から鼻スジを通したい
  • 鼻の部分的な改善を望まれる方:例えば鼻の付け根の鼻根部が低いので、そこを少しだけ高くしたい
  • 鼻形成術を受けたことがあるが、少しの左右差や形が気になる方

同時手術がお勧めされることの多い施術、関連する施術

鼻翼形成術

実際の施術の流れ

カウンセリングにおいて、ご希望の注射箇所の確認や鼻の形を詳しく伺います。

手術は、局所麻酔と場合により静脈麻酔を併用して、痛みや緊張をしっかりコントロールしますので、ご安心いただい状態で手術を受けていただけます。

腹部または大腿内側の3mmの小切開から脂肪を優しく吸引します。吸引した脂肪(マイクロファット)は、遠心加工処理して、細い針で必要な部分に注入します。

注入後、注入した場所には腫れを抑えるテーピング(3日間程)行います。脂肪採取した部分は内出血を抑えるために、圧迫(1週間程)をいたします。脂肪注入箇所や脂肪採取箇所に、内出血が生じる場合もございますが、3日以降に徐々に改善します。

施術後は局所麻酔の場合はすぐにお帰りが可能です。静脈麻酔の場合は少しお休みいただいてからお帰りが可能となります。お化粧などは感染の可能性もありますので、3日以降から軽くなさることをおすすめします。

移植した脂肪は、生着するまでの3週間程はなるべくストレスを与えないように、洗顔やお化粧は3日目以降優しく行っていただきます。注入箇所は最初は少し腫れておりますが、脂肪が生着した3ヶ月以降に形態は落ち着いた状態となります。もし、もう少し追加されたい場合には、手術後6ヶ月以降にお勧めしております。

流れと注意事項
カウンセリング 注入箇所のご相談、お見積り、手術日のご相談
手術時間 1時間
麻酔について 局所麻酔または静脈麻酔(範囲が広い場合、手術が苦手な方)
入院/通院について 日帰り手術
ダウンタイム 腫れ/内出血:3日間、脂肪の生着:3週目以降
注意事項
  • 移植した脂肪は、生着するまでの3週間程はなるべくストレスを与えないように、洗顔やお化粧は3日目以降優しく行っていただきます
  • 注入箇所は最初少し腫れますが、脂肪が生着した3ヶ月以降は形態は落ち着いた状態となります。
  • 追加されたい場合には、手術後6ヶ月以降にお勧めしております。
料金
脂肪注入
1箇所(鼻:1回目) ¥300,000 +材料費約¥30,000
1箇所(鼻:2回目以降) ¥200,000 +材料費約¥30,000
2箇所(鼻+下瞼・頬など:1回目) ¥400,000 +材料費約¥30,000
2箇所(鼻+下瞼・頬など:2回目) ¥300,000 +材料費約¥30,000
よくある質問

■最近閲覧したページ

お問い合わせは、
形成外科・美容外科 外来受付まで

お電話でのお問い合わせ

0120-031-976

03-3237-8661

電話受付時間 9:45~17:30(火・日・祝祭日は除く)

メールでのお問合わせ

24時間無料にて受付中

Copyright © CLINICA ICHIGAYA All Rights Reserved.