上顎前突症手術で口もと・かみ合わせ改善

口もと・かみ合わせの施術

HOME > 施術一覧 > 口もと・かみ合わせの施術 > 上顎前突症手術

上顎前突症手術

施術内容

上口唇が前に出ていたり、前歯が前に出ていたり、鼻の下が長い、噛んだ時に上顎と下顎の前歯の間にすきまが空いてしまう(開咬)、口が閉じない、笑ったときに下の歯が隠れていて見えない、などの症状です。
いわゆる、上顎が下顎より前に出ているため、「出っ歯」という症状が多いです。
また、上顎の前歯が唇側に大きく傾いていたり、前に出過ぎでいる場合には、咬んでも前歯が下顎の前歯とかみ合わない「開咬」や「過蓋咬合」という状態になります。

こんな方におすすめ

  • 出っ歯
  • ガミースマイル
  • 上顎に比べ下顎が小さい

当院の特徴

軽い出っ歯の症状だけであれば、歯科矯正治療だけで改善しますが、上顎の骨も前にでている場合は、顎の骨を移動させる治療を組合せなければ、いい顔のバランスは得られません。

上顎前突症手術(上顎分節骨切り術)

上顎の骨切り術では、上口唇や鼻の形に影響が出やすいので、手術計画でこの辺を十分に検討いたします。

流れと注意事項

カウンセリング レントゲン撮影/分析/ご相談
手術時間 約120分
麻酔について 全身麻酔
入院/通院について 入院5日、経過観察のため3~4回通院
腫れ/内出血 2週間から3週間程度、目立つ腫れや内出血があります。

注意事項

歯科矯正が必要になります。

料金

上顎分節骨切り術 ¥1,400,000

よくある質問

■最近閲覧したページ

お問い合わせは、
形成外科・美容外科 外来受付まで

お電話でのお問い合わせ

0120-031-976

03-3237-8661

電話受付時間 9:45~17:30(火・日・祝祭日は除く)

メールでのお問合わせ

24時間無料にて受付中

Copyright © CLINICA ICHIGAYA All Rights Reserved.