オトガイ形成術:アゴ先を短くして理想のEラインに

小顔・顔面りんかくの施術

HOME > 施術一覧 > 小顔・顔面りんかくの施術 > オトガイ形成術 アゴ先を短く

オトガイ形成術 アゴ先を短く

施術内容

顎先のことをオトガイといいます。顎先が長いとオトガイ形成術の適応となります。
顎が長い場合、顎先の骨を切り取ってしまう手術法がありますが、顎の先端には筋肉が付着しているため、この部分を切り取ってしまうと筋肉がたるみ、二重アゴの原因となることがあるので、あまりお勧めはしません。 咬み合わせに問題ない場合、下顎の大きさ・長さが問題です。下顎の形を整えるオトガイ形成で下顎先を短縮させることで、 理想的なEライン(鼻尖とオトガイ最突出点を結ぶラインをEラインと呼び、口唇がこのライン接するかもしくはやや内側にあることが理想とされています)を作り出すことができます。

こんな方におすすめ

  • 顎が長い
  • 顎先が大きい

当院の特徴

術前にセファログラム(顔面規格レントゲン写真)を撮影し、骨格の分析を行います。 顎が長い場合には、オトガイの骨を必要なだけ水平に切除し顎を短くします。
骨を移動した後は段差が生じますので、この部分を丁寧に削り段差をなくしていきます。 ここが非常に大切で、難度の高い部分です。

アゴ先を短く

流れと注意事項

カウンセリング レントゲン撮影/分析/ご相談
手術時間 約60分
麻酔について 全身麻酔
入院/通院について 3~5日入院 経過観察のため2~3回通院
腫れ/内出血 約2週間程度腫れや内出血が目立ちます

注意事項

  • 手術後3日間は軟らかい食事を召し上がっていただき、それ以降は少しずつ普通の食事に戻していただきます。
  • 手術後4日以降は、腫れも徐々に引いてきますので、日常生活もこの辺りからだんだん問題なく送れるようになってきます。
  • 手術中、下口唇の知覚神経を保護した関係で、手術後に一過性に下口唇の知覚が鈍くなりますが、徐々に改善してきます。歯科で歯の治療の際に麻酔されたような感じです。通常、3~6カ月程度で回復します。
  • 手術後1ヶ月以降は腫れが落ち着いて、小顔効果が出てきます。
  • 完成には6ヶ月ほどかかります。

料金

オトガイ形成術 ¥1,200,000

よくある質問

■最近閲覧したページ

お問い合わせは、
形成外科・美容外科 外来受付まで

お電話でのお問い合わせ

0120-031-976

03-3237-8661

電話受付時間 9:45~17:30(火・日・祝祭日は除く)

メールでのお問合わせ

24時間無料にて受付中

Copyright © CLINICA ICHIGAYA All Rights Reserved.