鼻尖形成術(クローズ法・オープン法)でダンゴ鼻を改善

鼻の施術

HOME > 施術一覧 > 鼻の施術 > 鼻尖形成術

鼻尖形成術

施術内容

鼻尖(びせん)とは鼻先のことです。鼻尖は、鼻の先端にあるので、鼻全体の印象を決定する大変重要な部分です。鼻尖の形がバランス良いと、鼻全体の形もバランスがよく見えますので鼻のみならず顔全体の印象もよくなります。一方、鼻尖の形が悪い典型のいわゆる「ダンゴ鼻」ですと、鼻のみならず顔全体の印象も崩れてしまします。

鼻尖形成術は、「ダンゴ鼻」に代表される鼻尖の形態を整えることで、鼻のみならず顔の印象を決める重要な手術になります。鼻尖形成術は、単に鼻先を細くするだけの手術ではありません。単に鼻先を細くしますと、鼻先をつままれたようなアンバランスな鼻(ピンチノーズ)になりますし、細くし過ぎるといじわるそうな印象を顔に与えてしましますので、その方にあった手術法を選択する必要があります。

鼻尖は、軟部組織(主に脂肪)と比較的厚い皮膚で構成されており、その形態は、鼻翼軟骨と呼ばれる軟骨の形とも密接な関係を持っています。

従って、鼻尖を細くしたりあるいは小さく見せたりしようとする場合には、皮下の軟部組織を切除したり、鼻翼軟骨の一部を切除したり、あるいは鼻翼軟骨の形そのものを整えていくことになります。場合によっては、耳介軟骨移植などでさらに積極的に形を整えていくことも必要になります。
鼻尖形成術の内容により、クローズ法あるいはオープン法を用いて手術を行います。

鼻尖形成術はこんな方にお勧めです

  • 鼻先を細くしたい
  • 鼻先を高くしたい
  • ダンゴ鼻を改善したい
  • 細くシャープな鼻になりたい
  • 鼻先を上に向けたい
  • 鼻先を下に向けたい

鼻尖形成術と同時手術がお勧めされることの多い施術、関連する施術

隆鼻術、鼻中隔延長術、鼻翼縮小術

実際の施術の流れ

カウンセリングにおいて、ご希望の鼻尖の形、高さ、細さなどを詳しく伺います。さらに、お一人おひとりの顔全体の特徴に適した鼻の形をご提案し、最終的に鼻尖に移植する軟骨が必要かなどの具体的な手術計画を決定します。場合により、単に鼻尖形成術で鼻先の形を整えるだけでは、鼻全体のバランスが改善しない場合がありますので、その場合は、鼻中隔延長術や、鼻翼縮小術などそれ以外の必要な施術もご提案いたします。

手術は通常、局所麻酔+静脈麻酔にて痛みや緊張をしっかりコントロールしますので、ご安心いただい状態で手術を受けていただけます。

鼻尖形成術は、鼻翼軟骨の形態の変形などがないような場合には、左右の鼻穴の内側に切開(鼻孔縁アプローチ)からアプローチするクローズ法で行います。

軟骨の形をすべて確認しながら行う必要がある場合にはオープン法を用いて行います。鼻の手術は1mm単位以下での軟骨の調整が必要になる場合があります。オープン法の鼻柱の傷跡は目立ちませんので、当院ではオープン法もよく用いられます。

鼻尖の皮下脂肪に代表される皮下組織が厚く余分な場合には、皮下組織を丁寧にバランスよく切除し、左右の鼻翼軟骨を寄せて鼻尖を細くします。場合により、鼻翼軟骨が大きく左右アンバランスな場合には、鼻翼軟骨の一部を切除し、縫合して形態を整えます。さらに、鼻尖をきれいに整えたい場合には、耳の後ろから耳介軟骨を採取し、適切な形に整えて鼻尖に移植します。この際、単に軟骨だけを移植すると時間経過とともに軟骨の形が鼻尖に浮いてくることがあるため、耳の後ろから同時に筋膜を採取し、軟骨膜の上をカバーしてこれを予防します。

閉創してしっかりと鼻にテーピングと鼻ギブスで固定します。鼻ギブスは、鼻尖の形態をしっかり作るうえで重要です。

術後は、しばらく休んでいただき、出血などないことを確認して、お帰りいただきます。術後翌日に検診に来ていただき、術後1週後に抜糸、テープ、鼻ギブスを外します。場合により、鼻ギブス固定をもう少し継続することもあります。

術後は、最低1ヶ月は鼻かみなど鼻に力がかかることは移植軟骨のズレや変形を予防するために避けていただきます。腫れがすっかり落ち着き手術の効果が安定して表れてくるのは3ヶ月以降になります。

流れと注意事項

カウンセリング 鼻尖形成術のご相談、お見積り、手術日のご相談
鼻尖形成術単独でバランスよい鼻を形成することが難しい場合は、合わせて隆鼻術や鼻中隔延長術、鼻翼縮小術などの手術のご提案をさせていただきます。
手術時間 1時間~
麻酔について 局所麻酔+静脈麻酔(耳介軟骨、鼻中隔軟骨の場合)
全身麻酔(肋軟骨の場合)
入院/通院について 日帰り手術(耳介軟骨、鼻中隔軟骨の場合)
ダウンタイム 抜糸・固定:1週間、腫れ/内出血:3日間、移植軟骨の安定:3ヶ月

注意事項

  • 鼻テープや鼻ギブスなど濡らさないように注意してください。
  • 術後1~2日目に鼻の中のガーゼを取ります。
  • 鼻周囲に内出血が生じる場合もございますが、3日目以降、徐々に改善します。
  • 術後1週間で、鼻ギブスを外します。場合によりもう少し鼻ギブス固定が必要となる場合があります。
  • 最低1ヶ月程度は鼻かみなど鼻に力がかかることは移植軟骨のズレや変形を予防するために避けてください。
  • 術後3ヶ月後以降で、個人差はありますが、腫れも落ち着き、鼻尖の形も改善します。

料金

*静脈麻酔技術料 ¥50,000
鼻尖形成術・修正術 ¥300,000~ +材料費約¥20,000
鼻尖修正(複数同時手術) ¥250,000~ +材料費約¥20,000
耳介軟骨移植(単独手術) ¥300,000~ +材料費約¥20,000
耳介軟骨移植(複数同時手術) ¥150,000~

よくある質問

■最近閲覧したページ

お問い合わせは、
形成外科・美容外科 外来受付まで

お電話でのお問い合わせ

0120-031-976

03-3237-8661

電話受付時間 9:45~17:30(火・日・祝祭日は除く)

メールでのお問合わせ

24時間無料にて受付中

Copyright © CLINICA ICHIGAYA All Rights Reserved.