アゴエラ外版切除術でエラの張った顔もシャープに

小顔・顔面りんかくの施術

HOME > 施術一覧 > 小顔・顔面りんかくの施術 > アゴエラ外板切除術

アゴエラ外板切除術

施術内容

下顎体部から角部にかけての厚みを減らすために、下顎骨外板の切除を行います。
横顔はそれほど気にならないが、正面から見たときのエラの張りや顔幅が気になるという方の場合、外板を切除することによりお悩みを解消することができます。

こんな方におすすめ

  • 正面から見た時エラが外に張り出している
  • 顔幅が広い

当院の特徴

外板を切除した場合、かえって顎先の部分が太く目立つことがあります。
このような場合には顎先まで含めて骨を削り、下顎骨全体のバランスを整えていきます。

アゴエラ外板切除術

流れと注意事項

カウンセリング レントゲン撮影/分析/ご相談
手術時間 約120~150分
麻酔について 全身麻酔
入院/通院について 入院5日 その後は経過観察のため2~3回通院
腫れ/内出血 約2週間は目立った腫れや、内出血が出ます

注意事項

  • 手術後3日間は軟らかい食事を召し上がっていただき、それ以降は少しずつ普通の食事に戻していただきます。
  • 手術後4日以降は、腫れも徐々に引いてきますので、日常生活もこの辺りからだんだん問題なく送れるようになってきます。
  • 手術中、下口唇の知覚神経を保護した関係で、手術後に一過性に下口唇の知覚が鈍くなりますが、徐々に改善してきます。歯科で歯の治療の際に麻酔されたような感じです。通常、3~6カ月程度で回復します。
  • 手術後1ヶ月以降は腫れが落ち着いて、すっきりとした新しいフェイスライン、小顔効果が出てきます。
  • 完成には6ヶ月ほどかかります。

料金

下顎骨形成術 ¥1,400,000~¥1,600,000

よくある質問

■最近閲覧したページ

お問い合わせは、
形成外科・美容外科 外来受付まで

お電話でのお問い合わせ

0120-031-976

03-3237-8661

電話受付時間 9:45~17:30(火・日・祝祭日は除く)

メールでのお問合わせ

24時間無料にて受付中

Copyright © CLINICA ICHIGAYA All Rights Reserved.